飛信隊メンバーの強さと構成について

普段武将の強さを評価付けしている本サイトですが、今回は飛信隊について触れていきたいと思います。

まず飛信隊とはなんなのか?からさらっとご説明します。

飛信隊とは・・・・

キングダム主人公・信が隊長を務める独立遊軍部隊です。独立なので、どこの軍にも所属せずいろんなところを駆け回ることが許された部隊です。

飛信隊は王騎将軍によって命名されました。最初100人程度の百姓で構成された部隊でしたが、信が武功を挙げるごとに大きくなり、現在は8000人程度の部隊となっています。

飛信隊

飛信隊

 


 飛信隊の主要メンバー構成

飛信隊は隊長・信から成る8000人で構成された部隊です。

8000人すべてを網羅するのは無理(というか出てこない)ので、今回は漫画で登場した主要メンバーのみご紹介していきたいと思います。

 

~隊長~

・信

 

~副長~

・羌瘣(きょうかい)

・渕(えん)

・楚水(そすい)

 

~軍師~

・河了貂(かりょうてん)

 

~隊員~

・岳雷(がくらい)

・尾平(びへい)

・尾到(びとう) ※戦死

・澤圭(たくけい)

・沛浪(はいろう)

・田有(でんゆう)

・中鉄(ちゅうてつ)

・山和(さんか) ※戦死

・脇次(きょうじ) ※戦死

・茷建(ばつけん) ※戦死

・文穴(ぶんけつ) ※戦死

・松左(しょうさ)

・田永(でんえい)

・崇原(すうげん)

・去亥(きょがい)

・竜有(りゅうゆう)

・邦(ほう) ※戦死

・有義(ゆうぎ) ※戦死

・魯延(ろえん)

・竜川(りゅうせん)

・石(せき)

・昂(こう)

・慶(けい)

・田孝(でんこう)

・ハシュケン

・烈(れつ)兄弟 ※兄は戦死

・我呂(がろ)

・孫仁(そんじ)

・労我(ろう が)

・岐鮑(きほう)

・翼(よく)

・仁

・淡

 


飛信隊の強さ

信・羌瘣の二大武将

飛信隊は信・羌瘣というツートップが軸となっています。

将軍クラスの強さを秘めた2人が同じ部隊に所属しているわけですから、そりゃ強いです。

現在は信率いる5000人隊と、羌瘣率いる3000人隊で分かれて行動しています。

飛信隊はこの2人が連携して攻めることで、強力な部隊となっているわけです。

 

強力な軍師

羌瘣は軍師を必要としません。

何故なら自分自身が軍師として高い実力を持っているためです。

一方信の率いる5000人隊はだれが指揮しているのかというと、河了貂です。

初期メンバーの河了貂、実は軍師のセンスがかなり高く、黒羊の戦いではその才能を開花させています。

攻めの部分では信・羌瘣が軸となり、軍略の面では河了貂がそれをサポートする。

これによって飛信隊は安定した実力を備えることが出来るんですね。

 

百姓出身と、郭備隊、公軍で占められた隊員たち

この飛信隊、隊長の強さだけでなく隊員も強いのが揃っています。

初期メンバーの百姓出身の部隊は、数々の戦闘を経てかなりの強さになっています。

中でも、沛浪(はい ろう)、田有(でん ゆう)、竜川(りゅう せん)などは千人将クラスの強さを有しており、流れを変えることが出来る数少ない隊員です。

次に入隊したのは、信が千人将となった際に加入した郭備隊の残党です。元隊長の郭備は元は下僕の出身であり、出世を重ねて千人将まで登ってきた経歴を持つ将です。非常に優秀で、隊員たちも強いメンツが揃っていました。中でも副将の楚水は飛信隊でも信からも信頼の厚い副将となっています。

そのあと入隊したのが、公兵の残党です。もともと公兵は王騎いわく、

「王騎兵より強い」

と言わしめたほどの実力を持った部隊です。

そのメンツが入ったのですから、言うまでもなく強力です。

飛信隊は信の出世とともに増強しており、運よく?強力な隊を取り込むことに成功しています。

隊員の強さも飛信隊の強さの秘訣につながっているようです。

 

中華十弓クラスの弓矢兄弟の入隊

国羊の戦いの後、飛信隊は選抜試験が行われ、新規メンバーが参入しました。

そのメンバーの中に、弓矢が抜群に出来る兄弟が入隊しています。

実力は、500メートル離れた場所から、正確に的の中心を射抜くほど。

また、乗馬して走っている人間の間を正確に打ち抜く芸当も見せています。

兄弟の父親は中華十弓の一人、元ヒョウコウ軍の蒼源(現在は戦死)

何か、不思議な因縁を感じますねw

この兄弟の加入により、飛信隊は念願の弓隊を結成しました。

おそらく今後の戦いの、キーパーソンになってくることは間違いないでしょう。


飛信隊の史実

史実を調べてみると、飛信隊という部隊は実際には存在していなかったようです。

キングダムオリジナルの部隊ということでしょうか。

しかし、史実を見ると主人公信は「李信」という名前で存在しており、実際に将軍にもなっています。

最終的には20万の軍を率いていたという話が残っていますので、飛信隊もこれからどんどん大きくなっていきそうですね。

また、副長の羌瘣(きょうかい)は史実では将軍を努めており、こちらも飛信隊とは関係ないようです。

(そもそも史実では女でなく男だったため、根本的にオリジナルキャラなようです。)

関連:【キングダム】羌瘣(きょうかい)の強さと信との関係


まとめ 飛信隊の今後

現在は8000人で構成されている飛信隊ですが、今後信の出世とともに規模も大きくなると思われます。

百姓出身で構成されていた飛信隊ですが、郭備兵、公兵を取り込み巨大化を続けており、気になるのは次どの軍が加わるのか?という所です。

自国内の強化も考えられますが、各地で敵味方問わず人助けを続けている飛信隊ですので、

もしかすると将来的に、

「あのとき助けた子供が飛信隊に・・・」

というパターンもありえるのかもしれません。

韓国に襲われてた徐国の子供が成長して・・・、なんて展開、熱くなりませんか?

次に大きな武功を挙げると将軍も見えてくる飛信隊ですが、今後もキングダムでは活躍を続けていきそうです。

こちらもどうぞ!【キングダム】登場キャラ強さランキング

Similar Posts: