王翦(おうせん)の強さと評価について

王翦(おう せん)

王翦(おう せん)

本名:王翦(おうせん)

所属:王翦軍(秦)

力 :90点

技 :95点

速さ:95点

心 :90点

統率:90点

総合:460点    ※1~45巻時点までの評価です。


王翦(おうせん)は秦国の武将です。また王賁(おうほん)の父親でもあり、現王一族の当主でもあります。

自身は「絶対に勝てる戦しか行わない」と明言しており、実際に史実でも王翦(おうせん)の軍は負けなしだったようです。

また、戦闘力も「化け物」と噂されており、蒙恬(もうてん)からも、「順当にいけば新六大将軍に選ばれる」と評価されています。

作中ではなかなか戦闘シーンが少ない王翦(おうせん)ですが、底知れない強さを秘めていることは間違いないでしょう。

六大将軍の胡傷(こしょう)から、六大将軍級の才能があると評される

胡傷(こしょう)といえば、六大将軍の中で最も軍略に優れていた武将。

その胡傷(こしょう)が一番評価していたのは、実はこの王翦(おうせん)だったと言います。

当時の王翦(おうせん)を、「既に六将クラスの力がある」と評していたようです。

逆に言うと、現在の王翦(おうせん)ならどれほどの力を持っているのか?という話になるんですが・・・。

また。その底知れない力を買われ、秦国と趙国の大戦の総大将に任命されています。

今秦国で最も信頼が厚い武将といえるのかも知れません。

こちらもどうぞ!

【キングダム】登場キャラ強さランキング

Similar Posts: