最新刊・14巻の発売日情報とあらすじ・価格など

「彼岸島」13巻は、2017年10月6日(金)に発売されました。

最新刊である14巻は、2018年1月6日(土)の発売予定です。

※確定情報は、発売日の1ヶ月前頃に公開予定です。

「彼岸島」のあらすじ

主人公の宮本明は、行方不明となった兄・宮本篤を捜索するため仲間とともに彼岸島へと上陸します。

無事上陸を果たした明ですが、彼岸島の実態、それは吸血鬼が人間を支配する島でした。

吸血鬼だらけの島で、吸血鬼のボス「」や、他の邪鬼と呼ばれる怪物と戦いを続ける明。

いつしか人間離れした強さを持つまでになった明は、最終的に雅を倒すことを決意します。

様々な強敵と戦った明は、遂に雅との対決を果たした明でしたが雅に敗れ、片腕を落とし敗北します。

その後、雅たち吸血鬼はその後彼岸島から離れ、日本本島に吸血蚊を撒き散らし、吸血鬼だらけの島にします。

一方片腕となった明は片腕に刀を仕込み、日本本島に上陸します。

最終目標の雅を倒すため、明は日本で戦いを続けます。

「彼岸島」の価格情報

彼岸島を読もうと思った場合どこで購入することが出来るんでしょうか?

新品、データ読み、中古で購入の3つのパターンについて、価格情報を記載します。

 

新品で購入した場合・・・税込み610円

電子書籍eBookで購入した場合・・・税込み540円

中古本で購入した場合・・・税込み150円~250円前後

 

彼岸島の最新刊は上記の値段で読むことが出来ます。

中古本であれば、150円~250円前後で購入することが出来ます。

eBookであれば、540円(初回はさらに実質半額)で読むことが出来ます。

>>電子書籍eBookの販売サイトへ<<

 

「彼岸島」の感想や期待の声

「彼岸島」に対するツイッターの声を集めてみました。

読者層のメインターゲットは男性のようです。

単純なバトル系ホラー漫画としての読み物とともに、「シュール系ギャグ」のセンスも優れた漫画のため、

シリアス・笑いどちらも楽しむことが出来ます。

 



 

「彼岸島」の今後の展開予想

ついに日本本島編に到達した彼岸島ですが、今後どのような展開になるのでしょうか?

もちろん最終的な目標は、明がラスボスの雅を倒す、ということになりますが、それで本島に物語は終わってしまうのか?

また新たな敵が登場するのか?

 

吸血鬼を殲滅した後の世界はどうなるのか?についても気になりますね!

今後も彼岸島に注目です。

 

関連:【彼岸島】最強は雅?邪鬼ユキ?登場キャラ強さランキング15