成宮鳴(なるみやめい)の能力数値と球種について

成宮鳴(なるみやめい)

成宮鳴(なるみやめい)

本名  :成宮鳴(なるみやめい)

所属  :稲城実業高校(投手)

球威  :94点

変化球 :96点

制球力 :94点

スタミナ:94点

精神力 :88点

総合:466点    ※1~50巻時点までの評価です。


成宮鳴は西東京地区・稲城実業高校エースで5番打者の選手です。

投手として関東ナンバーワンとの呼び声高く、西東京地区では2年生の時既に大会ナンバーワン投手として青道高校に立ちはだかっています。

沢村が1年時の夏の大会決勝戦、青道高校vs稲城実業との一戦は成宮鳴にやられたといっても過言ではないでしょう。

また、実は青道高校はその前の年も1年生の成宮に同様にやられ甲子園を逃しています。

ですので、成宮鳴は青道高校にとって”因縁の相手“という位置づけになります。

 


多彩な球種を持つ、成宮のピッチング

左腕から繰り出される最速148kmのストレートに切れ味鋭いスライダー、フォークを持っており、

さらに2年生で習得したのが、打者に緩急を与えるチェンジアップです。

このチェンジアップは夏の大会まで温存していたようで、青道高校のメンバーも

「ストレート、変化球だけでも厄介なのに、その上緩急まで・・・」

と絶望感を与えています。

ただし、チェンジアップについては多投すると高めに浮いてしまうという弱点があるため、ここぞという場面でのみ使う球種のようです。

 


 意外と小柄?成宮のプロフィール

身長:174cm

体重:64kg

血液型:AB型

誕生日:1月15日

身長は投手としては低めの174cmです。

沢村が175cmのため、ほぼ同じですね。

左腕としては巨人の杉内俊哉投手が同じく175cmなので、作者の左腕のイメージがここらへんなんでしょうね。

 


 完全復活?薬師を2安打完封

夏の大会で甲子園に出場した後望んだ秋の大会では、鵜久森高校に破れまさかの予選敗退を喫しています。

その後、薬師高校が西東京で躍進を続け、

稲実の時代は終わったのか・・・

という空気がダイヤのA内で流れていました。

しかしその後、春の大会で稲城実業は再度薬師高校と戦います。

そしてその試合で成宮は、轟雷市を4打席しっかり抑え、2安打完封で完全復活を遂げます。

 

関連:【ダイヤのA】轟 雷市(とどろき らいち)の能力数値と投手評価【チート】

 


まとめ 成宮鳴の凄さ

MAX148kmのストレートと多彩な変化球、投球術にも長けスタミナもある成宮は今のところ西東京地区

文句なしのナンバーワン投手でしょうね。

今年も青道高校に立ちはだかる可能性は高いでしょう。

去年より打撃力が劣る青道高校が、成宮率いる稲実に勝つためには、やはり沢村・降谷がどれだけ成長したかに

かかっています。

また、圧倒的な能力を誇る成宮ですがメンタル面に若干の不安を残しています。

夏になってその弱点は解消されたのか?というところも注目ポイントの一つです。

 

 

こちらもどうぞ!【ダイヤのA】最強キャラは誰だ?選手能力値総合力ランキング

Similar Posts: