最新刊・4巻の発売日情報とあらすじ・価格など

薔薇色ノ約束3巻は、2017年10月26日(木)に発売されました。

最新刊である4巻は、

2018年8月26日(日)

の発売予定です。

※確定情報は、発売日の1ヶ月前頃に公開予定です。

薔薇色ノ約束のあらすじ

薔薇色ノ約束1

唯一血の繋がった父親を亡くした六条伯爵家の令嬢である彩葉は、薔薇の花が咲く庭で、父を想い泣いていた。その時ピーと鳴く声が聞こえ周りを見渡すと、池の飛び石の上に、巣から落ちた雛が居るのを見つける。

落ちた雛を巣に戻してあげようとした時に、池に落ちそうになったところを男性から助けてもらう。

 

失礼な物言いをするその男性に、彩葉は思わず食って掛かり、口づけされそうになったところを相手に向かって手袋を投げてしまった。

その彩葉の態度に男性は『俺に手袋を投げつけるとは…受けてたとう。逃げるなよ?お姫様』と挑発的な態度で去って行った。

 

結局その男性の正体も分からないまま、もやもやする彩葉の元に、継母は三石という縁談相手を連れてくる。

彩葉とは40歳も年の離れた三石。

しかし継母は『三石様は、あなたが幼いころに負った傷跡があってもいいと言っている』といい『六条の名を残すためにも』と彩葉の気持ちを無視して縁談を押し進めようとする。

 

彩葉は『縁談を受けなければならないのか』と考えているうちに、いつの間にか眠ってしまい、目が覚めると差出人不明の薔薇の花束がテーブルに置かれていた。

毎年彩葉の誕生日近くになると贈られてくる薔薇の花束だった。

 

そんな時、彩葉へ不知火公爵邸から1本の薔薇が添えられた舞踏会への招待状が送られてきた。

不知火といえば、公爵の中でも名門中の名門なのだが、彩葉は招待状をもらうような覚えが全くない。

この舞踏会は不知火家の烈様が花嫁候補を探すための舞踏会とのこと。継母は、彩葉は三石との結婚が決まっているので舞踏会には自分の娘、彩葉の義理の姉に行かせることにした。

 

しかし彩葉は言われたまま大人しく家で待っているような性格ではなく、こっそり家を抜け出し、不知火家に忍び込む。そこで昼間に会い手袋を投げつけた男性と会ってしまった。

なんとこの男性こそが不知火烈だった。

「薔薇色ノ約束」の価格情報

薔薇色ノ約束3

薔薇色ノ約束を読もうと思った場合どこで購入することが出来るんでしょうか?

新品、データ読み、中古で購入の3つのパターンについて、価格情報を記載します。

 

新品で購入した場合・・・税込み463円

電子書籍で購入した場合・・・税込み432円

中古本で購入した場合・・・税込み150円~250円前後

 

薔薇色ノ約束の最新刊は上記の値段で読むことが出来ます。

新品であれば463円で購入することが出来ます。

電子書籍であれば、432円(+ポイント有)で読むことが出来ます。

>>電子書籍サイトオススメランキングへ<<

 

「薔薇色ノ約束」の今後の展開予想

薔薇色ノ約束2

この物語は、明治大正あたりのお話です。

彩葉と烈は舞踏会で出会い、継母から自由になりたい彩葉は不知火家に嫁ぐことを決めますが、幼いころにできた背中の傷のせいで、彩葉は烈に対して後ろめたい気持ちがあります。言葉は意地悪ですが、ふとした時の烈の優しい態度に、彩葉はどんどん惹かれていきます。

 

どうして彩葉の背中に傷ができたのでしょうか?

烈はなぜ彩葉のことを嫁にしようと思ったのでしょうか?

 

この漫画を読みすすめていくほど、彩葉が可愛くてしょうがないです。

甘いものや可愛いものが大好きで、烈が用意してくれる着物やぬいぐるみ、可愛いお菓子なども、文句を言いながらも『可愛いけど!』と心の中で叫んでみたり、ストレートな烈の『美しいな』などの言葉にいちいち動揺する姿が見ていて飽きません。

そして真っ直ぐに言葉を発する烈が最高にかっこいいです。

 

烈の彩葉への想いはどうなのでしょうか?

無事に結婚することができるのでしょうか?

 

この漫画は、不定期掲載だったため、1巻が発売された後、なかなか進んでいなかったのですが、2ヶ月に1度発売のプレミアCheese!での掲載が決まり、やっと定期的に読めるようになりました。

彩葉と烈の今後の展開が楽しみですね。