ALL YOU NEED IS KILL(オールユーニードイズキル)の面白さ紹介とその後について

ALL YOU NEED IS KILLは桜坂洋によるライトノベルで、後にジャンプコミックスで発売されたり、映画化にもなった作品です。

私は漫画版と映画版を見ましたが、あまり有名ではありませんが面白い作品となっていますので、オススメです。

オールユーニードイズキル

オールユーニードイズキル


オールユーニードイズキルのあらすじ

世界は「ギタイ」と呼ばれる宇宙からきた異生物と戦争状態にあった。

主人公のキリヤ・ケイジは地球軍の兵士で、ギタイとの戦争に初参戦した若者だ。

初参戦でケイジは、1匹のギタイを倒すが、あっさり相打ちで自身も死んでしまう。

しかし、死んだと思ったケイジは30時間前の自分に戻される。

ん?今のは夢だったのか?と思うケイジ

また戦争に初参戦する。

しかしまたもケイジはギタイに殺され、30時間前に戻されてしまう。

どうやらケイジは、死ぬと30時間前に戻るようだ。

この世界の仕組みを理解したケイジは、158回の死亡を経て誰にも負けない強さを手に入れていた。

そんな時、リタ・ヴラタスキというアメリカ最強の女戦士と出会う。

彼女も実は、時のループを経験していた。

人間軍はギタイを倒すことが出来るのか?SF映画である。

ALL YOU NEED IS KILL(オールユーニードイズキル)何が面白い?

漫画に限っていうと、絵がデスノートも手掛けた小畑健なのですが、絵がキレイです。

そして設定が斬新です。

死ぬ度に時間がリセットされて、そのたびに強くなっていく主人公。

ギタイとはなんなのか?何故死ぬたびに時間がリセットされるのか?

その理由を考えながら、話は進んでいきます。

圧倒的な力を持った主人公が無双する漫画が好きな方は、ハマること間違いないでしょうね。

 

何故時間が戻っていたのか?その理由

漫画を読んでも分からなかった方がいると思うので(私も初見じゃまったく分からなかった)、ここで時間が戻る仕組みを解説していきたいと思います。

まずは前提条件の知識から

1.ギタイたちは戦況が不利になると、「ギタイ・サーバ」という時間を戻す機能を持ったギタイの能力で、時間を戻すことが出来る。(これによってギタイ側の戦況が不利になるとリセットされる)

2.「ギタイ・サーバ」は1体だけでなく、「バックアップ・ギタイサーバ」と呼ばれるバックアップ用のギタイが存在する。

バックアップはギタイ・サーバが死ぬと作動し、時間を戻す。

 

つまり、ギタイ軍を倒すためには、以下の手順を踏まなければならない。

1.ギタイ・サーバのアンテナを破壊する

2.バックアップ・ギタイサーバを破壊する

3.ギタイ・サーバを破壊する

この順番である。

ケイジかリタか、どちらかが死ぬしかなかった理由

作中で上記の手順でギタイを殺しても、時のループが発生してしまうという状況になってしまいます。

何故かというと、時のループを繰り返してきたケイジ・リタはループしすぎて脳が変質してしまい、バックアップ・ギタイサーバと同様の存在となってしまったのです。

従って、正規の手順でギタイ・サーバを倒したとしても、

ケイジが倒した場合→リタがバックアップの役割になって時間が戻る。(その時リタだけ記憶が残っている。)

リタが倒した場合→ケイジがバックアップの役割になって時間が戻る。(その時ケイジだけ記憶が残っている。)

ということになるのです。

 

その後どうなったのか?

映画ではギタイの大元を倒して、ハッピーエンドで終わりますが、

漫画版はケイジがリタと決着をつけて終わります。

その後、あの世界ではどうなったのでしょうか?

漫画版ではその後どうなったのかは描かれていませんでしたが、ケイジはリタの代わりにUS軍に入り、ギタイを殲滅していくのだと思われます。

すでにリタ以上の強さを手に入れたケイジは、その後も負けることなく強くなり、最終的に人類を勝利に導くことが想像できますね。

 

総合評価

オールユーニードイズキル、かなり面白く、久々に2巻程度で物語が完結するスカッとした作品です。

是非読んだことない方は一度読んでみてください。

あと映画も面白いので合わせておすすめです。

本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。では!

 

Similar Posts: